本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

Q1.食生活と乳がん発症リスクとの間に関連はありますか。

近年,日本で乳がんの患者さんが増加しているのは,食生活の変化が大きな原因の一つではないかと考えられています。食生活と乳がん発症リスクとの関連を明らかにするためには,大勢の女性を対象に一人ひとりが取った食べ物の種類や量を調査し,長期間の追跡調査で乳がんの発症の有無を調べ,それらの間にどのような関連があるのかを検討しなければなりません。こうした研究をまとめて,2007年に「世界がん研究基金(WCRF)」と「アメリカがん研究所(AICR)」が『食事,栄養と運動のがんの予防に関する報告書』(以下「WCRF/AICR報告書」)を出版しました。これは世界で最も信頼性の高い報告書とされています。ここではその報告書と日本での研究結果をもとに,肥満,アルコール,大豆イソフラボン,サプリメント,乳製品と乳がん発症リスクとの関連を取り上げます。

1-1.肥満は乳がん発症リスクと関連がありますか。

肥満は、閉経後の女性では乳がん発症リスクを確実に高めます。逆に、閉経前の女性ではリスクが低くなることがほぼ確実とされています。しかし、肥満は他のさまざまな生活習慣病の大きな原因の一つです。日常生活で太りすぎないように気をつけることはとても大切です。

肥満は,心臓病や脳卒中,糖尿病など生活習慣病の原因の一つとされており,あらゆる死亡のリスクを高めます。欧米では多くの女性が肥満状態にあり,乳がん発症リスクと肥満との関連についても高い関心が寄せられています。

WCRF/AICR報告書では,肥満と乳がん発症リスクとの関連を,閉経の前後に分けて別々に検討しています。それによると,閉経後の女性では肥満が乳がん発症リスクを高めることは確実です。一方,逆に,閉経前の女性ではリスクが低くなることがほぼ確実です。閉経後の女性で肥満が乳がん発症リスクを高めるのは,血液中の女性ホルモンの増加が原因ではないかと考えられています。閉経前の肥満がどのようなメカニズムで乳がん発症リスクを低下させるかについては,よくわかっていません。ただ,肥満はさまざまな生活習慣病にかかるリスクを確実に高めます。閉経前後に関係なく,日常生活で太りすぎないように気をつけることはとても大切です。

    • このページの先頭へ

 

1-2.アルコール飲料の摂取は乳がん発症リスクを高めますか。

アルコール飲料の摂取により、乳がん発症リスクが高くなることはほぼ確実です。飲酒は控えめにしましょう。

アルコール飲料の摂取がどのようなメカニズムで乳がんの発症に影響を与えるのかはまだよくわかっていません。WCRF/AICR報告書では,閉経の前後を問わずアルコール飲料が乳がん発症リスクを高めるのは確実で,摂取量が増加するほどリスクも高くなるとしています。

日本人を対象とした研究のまとめは2007年に報告されていますが,日本人女性ではアルコール飲料が乳がん発症リスクを高めるかどうかは十分なデータがないため結論が出されていません。

1日に1杯程度のアルコール飲料の摂取〔日本酒なら1合(180mL),ビールなら中ジョッキ1杯(500mL),ワインならワイングラス2杯(200mL)など〕は危険因子にならないとする報告もありますが,飲む量が増えるほど乳がん発症リスクが高まるのは確実です。お酒を楽しむときはほどよい量にしておきましょう。

  • このページの先頭へ

1-3.大豆食品やイソフラボンを摂取することは乳がんの発症に関連がありますか。

大豆食品やイソフラボンの摂取で乳がん発症リスクが低くなる可能性があります。しかし,イソフラボンをサプリメントとして服用することで乳がん発症リスクが低くなることは証明されておらず,安全性も証明されていません。イソフラボンは通常の大豆食品からの摂取を心がけましょう。

大豆イソフラボンについて

イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンによく似た構造をしているため,「植物エストロゲン」とも呼ばれます。乳がんの多くはエストロゲンの作用で活発に増殖しますから,大豆イソフラボンを多く摂取することで乳がん発症リスクが高くなるのではないかという心配もよく聞かれます。一方で,大豆イソフラボンは乳がんの治療薬であるタモキシフェン(ノルバデックス)と同じような構造をしていることもわかっていて,乳がんを予防する効果も期待されています。

大豆食品を多く摂取することで乳がん発症リスクは低くなりますか

大豆食品をたくさん摂取することで乳がん発症リスクが低くなることが,最近の研究でわかってきました。アジア人を対象とした研究では,大豆食品を多く摂取する人はそうでない人と比較して乳がん発症リスクが少し低かったことが報告されています。日本人を対象とした研究でも,大豆食品やイソフラボンの摂取で乳がん発症リスクが減る可能性があるとされています。イソフラボンはエストロゲンと構造が似ていることから乳がん発症リスクを上げるのではないかという心配もありますが,食事により得られる程度の量であればリスクは上がらないことがわかっています。

イソフラボンのサプリメントを摂取することで乳がん発症リスクは低くなりますか

イソフラボンをサプリメントとして大量に摂取した場合においては乳がん発症リスクを下げることは証明されていません。これまでの研究でイソフラボンの摂取で乳がん発症リスクが上がることも示されてはいませんが,その安全性も証明されていません。乳がん発症リスクを低下させるためにイソフラボンのサプリメントを摂取することは勧められません。イソフラボンの摂取は適量であれば乳がん発症リスクを下げる可能性がありますので,通常の大豆食品からの摂取を心がけましょう。

  • このページの先頭へ

 

1-4. 乳がんの予防のために健康食品やサプリメントを摂取することは勧められますか

乳がん発症リスクを低下させるために健康食品やサプリメントを摂取することはお勧めできません。

健康食品やサプリメントと薬の違いは何ですか

健康食品はあくまでも食品であり,薬ではありません。サプリメントも食品として分類されています。いくら錠剤やカプセルの形をしていても,薬ではないのです(次頁コラム参照)。

例えばイソフラボンのように,食品の中からがんの予防に役立つ可能性があると考えられる成分を抽出して,錠剤やカプセルのような形のサプリメントとして販売しているものもあります。ただこれらは,いくら形が薬に似ていてもあくまでも食品であり,当然,乳がんの発症を予防する効果はありません。また副作用についても十分に調べられていませんので,思いがけない健康被害が出ることもあります。

サプリメントや健康食品を摂取することで乳がん発症リスクは低くなりますか

サプリメントを摂取することが乳がんの予防につながるかという点については,WCRF/AICR報告書で「がんの予防目的にサプリメントを摂取することは勧められない」と記載されています。乳がんの発症予防に関しても,ビタミンA,ビタミンC,ビタミンB6,葉酸,ビタミンB12,ビタミンD,ビタミンE,カルシウム,鉄,カロテン類,イソフラボンなどで有効性が検討されましたが,乳がん発症リスクが低くなる可能性はないと結論付けられています。つまり,サプリメントや健康食品を摂取することで,乳がんの発症リスクが低くなることはありません。

また,同報告書ではがん予防全般に対する栄養の摂取について,「食物を通して十分な栄養を取ること」を目標としています。現在の日本の食生活では,病気のために食事摂取が不可能な場合を除いて,食品以外から補わなければならない栄養素はほとんどありません。食品の栄養素を補うという本来のサプリメントの定義から考えてみると,普通に食事が取れている方であれば,がん予防の観点からはサプリメントを摂取することは勧められないというのが報告書の基本的な考え方です。さらに一部サプリメントでは,乳がんの発症リスクを高める可能性も指摘されています。こうした観点からも乳がんの予防を目的としてサプリメントを服用することはお勧めできません。

  • このページの先頭へ

【コラム】食品と薬の違いについて

薬は「薬事法」という厳しい法律に基づいて,「人間」が服用した場合の有効性や安全性について確認したうえで,厚生労働省が認可したものです。たとえ一度認可されたとしても,新たな副作用が確認された場合には,すぐに厚生労働省に報告して安全対策を講じることが義務付けられています。また薬事法により,許可されたもの以外は効能/効果(例えばがんが小さくなる)を表示することはできません。もしある食品に「がんが小さくなります」と表示があったとすれば,薬事法に違反したことになります。

ただその一方で,食品の中に一般の食品と別扱いをされるものとして「保健機能食品」があります。

「保健機能食品」は,「栄養機能食品」と「特定保健用食品(トクホ)」があります。「栄養機能食品」とは,お年寄りなどで十分に食事が取れないときに,必要な栄養成分を補給・補完する食品です。カルシウムやビタミンなどのサプリメントの一部もこれに含まれます。これが本来のサプリメントと呼ばれるものです。一方,「特定保健用食品(トクホ)」とは「お腹の調子を整える」などの生理的な働きがあるものです。医学的・栄養学的に効果が期待できる基準を満たしている食品を,厚生労働省が指定したものです。しかしいずれも,医薬品のような厳しい基準で効果や安全性が確認されたわけではありません。ですから当然のことながら,乳がんの予防効果のあるトクホは存在しません。

 

1-5.乳製品の摂取は乳がん発症リスクを高めますか。

乳製品の摂取により乳がん発症リスクは低くなる可能性があります。ただし,牛乳そのものと乳がんリスクの関係についてはよくわかっていません。

過去には乳製品は乳がんの発症リスクを高めるという報告や低くするという報告がさまざまあり,この関連性を見出すことは困難でした。しかし,最近の研究報告で,乳製品全般を多く摂取している人では少ない摂取の人に比較して乳がん発症リスクが少し低くなることが示されました。牛乳に限っては明らかな傾向は認められませんでした。また,低脂肪乳を摂取している人や閉経前の人ではより乳がん発症リスクが低い傾向が認められました。一方で,脂肪を多く含む乳製品の摂取では乳がん発症リスクは高くなるとの報告もあり,どのような乳製品をどの程度摂取すれば発症リスクが低下するかということについては不明です。